妊娠しやすくなるには

日常生活を見直して妊娠しやすくする

イギリスの研究で、妊娠を望む夫婦で日常的な生活習慣が妊娠する確率に影響を与えているという結果がでました。喫煙や飲酒、年齢や体重などがとても妊娠のしやすさに影響を与えているようなのです。理想的な生活習慣をしている夫婦ですと一年で約8割以上が妊娠しているのに対し、これらの条件を超えている項目が多い夫婦では、その確率が4割以下までになっているのです。 年齢はもうどうにもならないことですが、喫煙や飲酒などに関して言えば、しっかりとした生活習慣へと見直すことで、効果は出るということになります。不妊治療において、医師任せにするのではなく、自分たちの普段の生活レベルでの妊娠しやすい体作りが大切になってくるのです。

日常生活においてどのような工夫をすれば良いのか

初期の不妊治療と並行して、生活習慣を変えて妊娠しやすい体作りをすることはとても有効となります。不妊治療の初めはタイミング療法が一般的なので、よりそれを効果的にすることが必要になります。 しかし、生活習慣を変えても効果が目に見えて現れる訳ではないので、持続させにくいですよね。無理やり生活習慣を変えても返ってストレスを招きかねません。なので、自分のできやすそうなことから取り組んでいくということが大切になります。飲酒の機会を週に4回だったのを3回にするなどです。徐々に変えていくことで、ストレスを感じずに変えていくことができます。 また、その生活習慣にすることでどのようなメリットがあるのか、そして今までの生活習慣ではどのようなデメリットがあるのかを確認する事も効果的になります。このように、不妊治療の他にもできることはあるのです。