鍼灸院の活用

専門の治療院の探し方

不妊治療の一環として鍼灸院に通うと、妊娠率が上がります。これから治療を頑張りたい方は、通院されるとより良い結果が得られるのではないでしょうか。鍼灸院と一口に言っても、個々に得意分野があります。不妊治療を勉強されている鍼灸院を探して、一度電話で聞いてみると良いでしょう。私も、5年程不妊治療を行っていました。治療から4年目に入った頃に、漢方薬局の先生に教えてもらい鍼灸院を利用し始めました。通院し始めて3か月後に授かり、無事出産することができました。鍼は、とても細い使い捨ての鍼を使用しており、痛みはありません。お灸は、ジワジワと温かかったです。熱くはありませんでした。通い始める前は、鍼による感染が心配でした。そのことを事前に確認し、安心して通院できました。

不妊での鍼灸院利用者が増えている理由

鍼灸院に通い始めて、1ヶ月程で基礎体温が整い始めました。鍼灸での治療が終わると、体がポカポカして血の巡りが良くなっている事を実感しました。経穴への刺激は、体のバランスを制御するシステムに働きかけ、崩れてしまったバランスを回復する手助けをしてくれます。海外で、体外受精時に鍼治療を行った研究データーがでており、妊娠率が上昇した結果がでています。私も、35歳を過ぎており、またAMHが1以下であったにも関わらず妊娠することができました。鍼の一番の魅力は、自らの治癒力を高めてくれることです。体に優しい治療と言えるでしょう。不妊治療に通われている方は、薬を投与されており、ホルモンバランスが崩れやすいのです。これらの理由から、治療と並行して通われる方が増えているのでしょう。