Health

食事制限に気をつける

妊娠中には食事に気をつける必要がありますが、気にしすぎるあまり栄養バランスが偏ってしまうことがあります。そうなると、母体にも悪いですし、赤ちゃんにも悪い影響を及ぼすので、気をつける必要があります。

Continue Reading »

妊娠しやすくなるには

妊娠をするためには日常生活をどのように過ごしているかが大きく関わってきます。喫煙や飲酒、年齢や体重などが年齢に影響を与えますので、妊娠をしにくくする生活習慣を見なおさなければいけません。

Continue Reading »

妊娠するために

年齢を重ねるほど妊娠の成功確率は低下します。そのため、若いときに妊娠をすることが大切なのです。ただ、禁煙は体外受精や人工授精などの不妊治療を受けることによって妊娠をすることができるようになっています。

Continue Reading »

鍼灸院の活用

不妊治療の方法はいくつかあるのですが、近年注目されているのが鍼灸院で行われている治療です。不妊治療を得意としている鍼灸院を探して利用することによって妊娠できる確率を高めることが可能になるでしょう。

Continue Reading »

不妊治療の注意点

目立たせたくない妊娠線はクリームでケアできるので、ぜひコチラで紹介されている商品をお使いください。口コミも必見です。

不妊症の方が気を付ける事

不妊の原因には、女性にだけ原因があるとは限りません。歴史的には女性のほうが非常に責任があると、一般的な考え方としては多いです。しかし一般的の方は、それほど男性不妊については詳しくないのも少なくありません。不妊症に悩む夫婦のうち45パーセントは女性ですが、男性に原因がある場合は40パーセントあります。原因は精子の数が少ない事や運動率が悪い造精機能障害をはじめ、様々な原因で、無精子症になるので、男性も注意が必要になります。男性不妊は、治療の方法の選択肢が少なく高度な治療が求められます。しかし、男性不妊の難しい要因には、なかなか検査に協力してくれない方が多くいます。自分の夫は絶対大丈夫だからと、精子の検査はしないと言う方が少なくないのも無精子症の発見が遅れる原因にもなっています。

無精子症の治療に知っておくと良い情報

不妊の原因は、女性によるものだけではありません。男性も男性不妊の知識をつける必要があります。性行為は出来るが、妊娠にいたらない原因にあげられるのが、精子の通り道が詰まっていて精子が出てこない、通過障害と、おおもとの精巣で精子が作られない、機能障害があります。精子の通り道が詰まっている場合を、閉塞性無精子症といいます。これには、精路再建術や精巣精子を回収して、顕微鏡で受精する方法があります。精路の再建術は、精管同士をつなぎ合わせたり、精管と精巣上体管をつなぐことによって精路を再建する方法です。無精子症の方は、顕微鏡の手術となり、パイプカットなどにより切断された精管をつなぐ場合、手術の成績はかなり良好です。術後、自然妊娠が期待出来る事も多いです。

Pick UP

  • LaraRepublic

    質の良い栄養素はサプリを使って吸収しましょう。葉酸は胎児の成長には欠かせない栄養素で母体にも良い影響を与えます。
  • 西川婦人科内科クリニック

    多くの患者の願いを叶えています!不妊治療を大阪で行なって、授かる幸せを感じると良いでしょう。こちらがオススメです。